条文を読みながら日常生活と憲法について考えます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

仔猫殺しと猫の避妊

 長い夏休みをいただきましたが、9月1日から
復帰させていただきます。

 この夏話題になったのが作家による仔猫殺しの告白でした。

 坂東眞砂子というホラー作家が日経新聞(8/18)夕刊に
書いたエッセイが他の新聞でも取り上げるほど話題に
なりました。
タイヒチ在住のこの作家は、飼い猫に避妊手術をせず、そして
生まれたばかりの仔猫を家の隣の崖から投げ落として殺して
いるという。なんともおぞましい内容です。

 内容もさることながら、こんなこと天下の日経に書くのか
という驚き。
 「こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかって
いる。世の動物愛護家には、鬼畜のように罵倒されるだろう。
動物愛護管理法に反するといわれるかもしれない。
そんなこと承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している。」
と書いているから、最初から議論になることを狙っている
ようです。人間が「動物を飼う」ということの根源的な
意義についての問題提起をしていると読めないことも
ありません。しかし、生まれないようにすることと
生まれた生命を奪うということは別の次元のことであり
それを混同しては問題提起にもならないでしょう。
 この「作家」がお望みのように糾弾したり、罵倒したり
する気にもなれませんし、その時間もありません。
 しかし、こんな内容のエッセィが影響力のある新聞に
掲載されるということに危機感を感じないわけには
いきません。


 


スポンサーサイト

実験動物の飼養及び保管等に関する基準

中央環境審議会動物愛護部会第3回実験動物小委員会を
傍聴してきました。

予定どおり、5日(月)午前10時から正午まで東京・
霞ヶ関の環境省第一会議室で「実験動物の飼養及び保管
等に関する基準の改定(素案)について話し合われました。

 動物愛護管理法が改正されたことにともなう関連規定の
見直しの一環で、この小委員会では、「実験動物の飼養
及び保管等に関する基準」の改定案の作成作業を行って
います。

 委員は、池田卓也(グラクソ・スミスクライン株式会
社筑波研究所動物研究部部長)、浦野徹(熊本大学教授)、
鍵山直子(大学共同利用機関自然科学研究機構生理学
研究所産学連携・専門研究員)、柏木利秀(社団法人
日本実験動物協会理事)、篠田義一(東京医科歯科大学
教授)、清水弟(朝日新聞記者)、林良博(東京大学
教授)、前島一淑(慶応大学名誉教授)、山口千津子
(社団法人日本動物福祉協会獣医師調査員)の9氏。

 本日の小委員会では、これまでの小委員会の議論を
踏まえ事務局がまとめた改定素案が提示され、これに
ついて意見交換が行われました。「基本的な考え方」の
中に「動物福祉」という語句を明記すべきだとの意見、
「施設の構造等」について動物たちの生活環境の向上に
ついて規定してほしいという意見が出されました。
この点については議論がありましたが、素案の
とりまとめについて委員長一任され小委員会は終了
しました。

 素案は12月中旬に開かれる第14回動物愛護部会
での審議を経た後、来年1月~2月にパブリック
コメントに供され、3月~4月に日開かれる第4回
実験動物小委員会で答申案が検討されます。

環境審動物愛護部会実験動物小委員会傍聴

12月5日に開かれる中央環境審議会動物愛護部会
実験動物小委員会を傍聴してきます。

 ありのままの審議会の様子をみてきたいと思います。

中央環境審議会動物愛護部会実験動物小委員会

中央環境審議会動物愛護部会実験動物小委員会
(第3回)が12月5日(月)10:00~12:00に
開催されるそうです。

議題は、「実験動物の飼養及び保管等に関する
基準」の見直しについて(素案の検討)です。
公開で行われるので傍聴できます。
傍聴申し込みは11月28日までです。

詳細は環境省のページで

実験動物の飼養保管基準改正

「GettingBeter」に「実験動物の飼養保管基準改正にご協力を!」という記事がありました。これによると「実験動物の飼養及び保管等に関する基準」の改正作業が環境省中央環境審議会動物愛護部会実験動物小委員会で進められており、近く制定以来26年ぶりに改正になる見込みだそうです。
 12月下旬頃からパブリックコメントが募集される予定とのことです。

「GettingBeter」は、ペットフードの合成添加物についての詳しい情報が載っているなどとても役に立つ内容のブログなのでときどきチェックさせていただいています。
 
 
プロフィール
 
 

ides

  • Author:ides
  • 日本国憲法を尊重し、大切にするためにはどうしたらよいか、基本的人権の尊重や民主主義を活かすために場合によっては条文を書きかえることも必要かもしれない、という柔軟な態度で憲法を考えていきたいと思います。
    考えたり勉強したりするだけでなく、市民活動や議員選挙などに積極的に関わることにより頭でっかちにならないようにしていきたいと思っています。
    また、日本国憲法成立の歴史的な背景を十分に理解することも必要だと思います。さらには近代憲法を支える諸原理がどのような歴史をたどって確立されたかも知る必要があると思っています。
 
 
最近の記事
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
リンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。