条文を読みながら日常生活と憲法について考えます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

公費の使い方 賀詞交換会の費用

 東京新聞TOKYOWeb(2010/12/29)で「賀詞交換会に格差 東京23区」として東京都23区の賀詞交換会の開催費用が、1000万円から30万円まで自治体によって大きな差があることがわかる。新年の賀詞交換会そのもには意義を認めるものの公費で開催する以上、その費用の出し方に工夫が必要だ。この記事について区議会議員がブログなどで取り上げていないかどうか調べてみた。

 杉並区議のけしば誠一さんがブログでこの記事に触れている。「杉並区新年賀詞交換会費用1,853,000円の内訳」という記事がそれだ。

 杉並区の場合、東京新聞の記事では、費用の額が1,853,000円で上から15番目だが、その内訳に問題があるとする。費用内訳で目だつのが、85万2千円の杉並公会堂の賃貸料。区の施設でありながら一括して建築も管理運営も任せるPFI方式のであるた区の主催行事であっても高額の賃貸料を払わなくてはならない。けしば誠一区議は、他の区の施設を使い、会費制にすることを提案している。

東京新聞TOKYOWeb(2010/12/29)「賀詞交換会に格差 東京23区」

杉並区新年賀詞交換会費用1,853,000円の内訳
スポンサーサイト

明6日から首相官邸前で普天間基地県外移設公約遵守を求める意思表示

すでにご存知の方が多いと思いますが、明6日から首相官邸前で
普天間基地県外移設の公約遵守を求める意思表示が行われます。

普天間基地をはじめとする米軍基地を沖縄に押し付け、沖縄
に住む皆さんだけに犠牲を強いるのはやめにしたい。そんな
思いをコトバや行動であらわしたいと思います。

6日午前10時半から行動開始の予定ですので、現地に
行けない人はTwitterで鳩山首相にささやきましょう。

御案内(3月28日現在)

「県外移設」の不履行は絶対に認めない!

● 4月6日(火)~9日(金)沖縄県民(ウチナンチュ)が
官邸前へ集結し、鳩山政権に対して「非暴力」で公約遵守を
求める意思表示をします。
● 民主党支持者を含め、「県内落着」はおかしいと考える
市民(ヤマトンチュ)のみなさん、集まった沖縄県民
(ウチナンチュ)に温かい声をかけるとかカンパをするとか、
「非暴力」で彼らを応援してください。3000人以上の市民が
足を運んでくださることを期待しています。
● ただし、組織的動員はご遠慮ください。どういう組織・
団体に所属されていてもけっこうですが、誰かに指示、
命令されてではなく、個人の意志、責任で応援してください。

● 4月6日(火)の午前10時30分からスタートさせる予定です。
● スタートに先立って4月2日(金)に沖縄で記者会見を
行います。

● 呼びかけ人
安里英子(基地・軍隊を許さない行動する女たちの会)、
安次富浩(名護市民)
金城 実(彫刻家)
知花昌一(読谷村議)
真喜志好一(建築家、「琉球国・建設親方」)

● 本土側呼応者
足立満智子(千葉県成田市議)
今井 一(ジャーナリスト)
島田清作(元東京都立川市議)
鈴木 力(編集者)
(3月28日現在)

9条改憲阻止の会『連帯・共同ニュース』45号公開

9条改憲阻止の会『連帯・共同ニュース』最新号をリリースしました。
45号「黙っていると政府は勝手に沖縄県内移設を決めてしまうぞ」

 「密約問題が突きつけているのは過去の事実の確認ではなく、
戦後のアメリカと官僚と自民党、あるいはマスメディアの戦後日本
支配を終わらせることである。日米合意としてあると言われる普天間
基地移設問題の見直しと新たな解決はその試金石である。」

埼玉県、チップ普及事業開始へ

埼玉新聞の記事(2006/4/28)によると、埼玉県は、は本年度から、犬や猫の体内に埋め込み、飼い主を特定するマイクロチップの普及事業を始めるそうです。保健所で保護したペットを希望者に譲渡する際、犬と猫合わせて百匹にチップを埋め込むとのこと。そして県内の全十三保健所(さいたま市、川越市を除く)にはチップの読み取り器を配備するそうです。

 同記事によると、県の保健所などが二〇〇四年度に保護したペット数は、犬四千九百九十七匹、猫四千五百六十八匹。健康状態や人への慣れ具合などを確かめ、うち犬二百六十匹、猫百十匹を希望者に譲ったということです。
 
 
プロフィール
 
 

ides

  • Author:ides
  • 日本国憲法を尊重し、大切にするためにはどうしたらよいか、基本的人権の尊重や民主主義を活かすために場合によっては条文を書きかえることも必要かもしれない、という柔軟な態度で憲法を考えていきたいと思います。
    考えたり勉強したりするだけでなく、市民活動や議員選挙などに積極的に関わることにより頭でっかちにならないようにしていきたいと思っています。
    また、日本国憲法成立の歴史的な背景を十分に理解することも必要だと思います。さらには近代憲法を支える諸原理がどのような歴史をたどって確立されたかも知る必要があると思っています。
 
 
最近の記事
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
リンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。