条文を読みながら日常生活と憲法について考えます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

実験動物の飼養及び保管等に関する基準案

実験動物の福祉につていの理念が国内外で普及・定着したこと、
また、改正動物愛護管理法に3Rの原則(苦痛の軽減、使用数の削減、
代替法の活用)が明確化されたことを受けて「実験動物の飼養及び保管等に関する基準」の改定作業が環境省で進んでいます。

昨年12月5日に開かれた実験動物小委員会を傍聴し、ここに簡単な報告を
書かせていただきましたので皆さんすでにご承知のことと思います。

 12月21日(水)に開催された中央環境審議会動物愛護部会で
「基準」改定案素案がまとめられ、この素案について、1月4日(水)
から2月3日(金)までパブリッックコメントが実施されています。
動物実験について意見を述べるチャンスですので、今回のコメントを
出そうと準備をしています。実験動物の実態についての情報をお持ち
の方はぜひ教えてください。また、実験動物に関する問題点など
ご意見をお聞かせいただけるとありがたいです。

環境省の報道発表資料
スポンサーサイト
 
 
プロフィール
 
 

ides

  • Author:ides
  • 日本国憲法を尊重し、大切にするためにはどうしたらよいか、基本的人権の尊重や民主主義を活かすために場合によっては条文を書きかえることも必要かもしれない、という柔軟な態度で憲法を考えていきたいと思います。
    考えたり勉強したりするだけでなく、市民活動や議員選挙などに積極的に関わることにより頭でっかちにならないようにしていきたいと思っています。
    また、日本国憲法成立の歴史的な背景を十分に理解することも必要だと思います。さらには近代憲法を支える諸原理がどのような歴史をたどって確立されたかも知る必要があると思っています。
 
 
最近の記事
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
リンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。