条文を読みながら日常生活と憲法について考えます。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

沖縄について考えた1週間

先週は、「沖縄」をテーマにした集会が毎日のように開かれました。

 22日(金)には、伊波洋一さんを迎えて県内移設がってぃんならん大集会がありました。沖縄県知事選予定候補の伊波さんが忙しい日程を割いて東京へ。それに応えるかのように会場は満員でした。

 そして、23日(土)は、「11月沖縄県知事選挙絶対勝利を目指して 映像とシンポジウムで日米安保体制と自己決定権を考える」と題した集会が開かれました。こちらも多くの人が集まりました。

 24日(日)は、「沖縄-グアムから 米軍基地を問う!」。ビデオ「沖縄からグアム、ハワイへ」上映、秋林こずえさん(立命館大学)、前泊博盛さん(琉球新報論説委員長)の講演。

 いずれの集会も多くの方があつまり、3日連続して出会った知り合いもいました。それぞれ勉強になる内容でしたが、特に24日の「沖縄-グアムから 米軍基地を問う!」では、グアムに住む人々に大統領や連邦議会議員の選挙権がないという「民主主義」を他国に「押し付ける」米国の足元で民主主義がないということに愕然としました。「植民地」に軍事基地を押し付ける米国政府のやり方を沖縄に適用しているのだということがよくわかりました。
スポンサーサイト
 
 
プロフィール
 
 

ides

  • Author:ides
  • 日本国憲法を尊重し、大切にするためにはどうしたらよいか、基本的人権の尊重や民主主義を活かすために場合によっては条文を書きかえることも必要かもしれない、という柔軟な態度で憲法を考えていきたいと思います。
    考えたり勉強したりするだけでなく、市民活動や議員選挙などに積極的に関わることにより頭でっかちにならないようにしていきたいと思っています。
    また、日本国憲法成立の歴史的な背景を十分に理解することも必要だと思います。さらには近代憲法を支える諸原理がどのような歴史をたどって確立されたかも知る必要があると思っています。
 
 
最近の記事
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
カテゴリー
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
リンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。